海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > タツ・ヨウジウオの仲間

Izuzuki Diver

サンゴタツ

Hippocampus mohnikei

サンゴタツ
2006年10月 黄金崎 -15m

名前だけ聞くと南の海のトロピカルなイメージですが、実物はかなりド地味なヤツです。一緒に潜ってた友人に教えたら「えっ?なに?何かいるの?」となかなか気付かないお約束のリアクションをとってくれました。(笑)

サンゴタツの♀メインカットの黒いド地味なサンゴタツには、ツノのあるゴージャスな、だけどやっぱり地味な彼女がいました。どちらもお腹はパンパンです。
(2006-10 黄金崎 -15m)

「今週の〇〇~!! 第384回 ヤル気のある写真(2008-06-14)」より
黄色い個体僕は海に潜るとき、必ずカメラを持って行きますが、キレイな水中写真を撮りたいと言うよりは、海中で出会った生き物の記録を残したいって目的なんで、あまりフォトジェニックな状況とかは重視していないのですが、緑のウミヒルモに黄色いサンゴタツは、そんな僕でもヤル気にさせられる被写体でした。ヤル気になったからってシャッタースピードをいぢってみるぐらいのもので、急に良い写真が撮れるわけではないのですがすが、、、どーせなら、もう少しヤル気を出して、フラッシュの向きもちゃんと調節すれば良かったカナ?
(2008-06 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

穏やかめの砂地に暮らすようです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク