海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > タツ・ヨウジウオの仲間

Izuzuki Diver

オオウミウマ

Hippocampus kelloggi

オオウミウマ
2003年4月 黄金崎 -12m

安良里ダイビングセンターの方にオオウミウマがいると教えてもらったんで、「オオウミウマと言えば20cmぐらいのデカいヤツだろ~。」と勝手にイメージを膨らませて見に行ったんですが、そんなヤツはどこにもいない。。。おっかしーなと思っているときに、足元からの視線を感じて目を落とすと、フツーのタツノオトシゴサイズのコイツと目が合いました。(笑)
ソウシカエルアンコウだったら、こちらの期待を裏切ることなくだいたいデカいのに。。。と言うよりむしろ、ちっちゃいソウシカエルアンコウは是非見てみたい。

黄tatsu.jpgタツノオトシゴの仲間には、海藻などと同じ色してたりして敵から身を隠しているヤツが多いですが、コイツはいったい何を考えてるのか、ピンク色のヤギに黄色い体を巻き付けてました。もっとも、深いところだったので海藻は生えてませんが。。。
(1998-07 IOP -37m)

最初はハナタツとして掲載していましたが、見返してみるとオオウミウマのようですね。

お勧め Watching Point

穏やかな砂地に現れることが多いみたいです。IOPで会うのはなかなか難しそうです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク