海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > タツ・ヨウジウオの仲間

Izuzuki Diver

ヘラヤガラ

Aulostomus chinensis

ヘラヤガラ
2017年10月 大瀬崎 -19m

僕が伊豆の海にのめり込み始め、サカナの名前もだいたいわかるようになってきたのは1998年頃だったんですが、今にして思えば1998年は死滅回遊魚の結構な当たり年だったようです。
だから僕は、この年にたくさん流れてきてた死滅回遊魚を伊豆のジモチーや常連さんだと認識してしまってます。
そーゆー偏った認識を持ってると、初心者ダイバーを前に「ヘラヤガラなんて昔はそこらじゅうにいたもんだが、最近はめっきり減った。海が汚れてるんだなぁ。」などと、懐古的な講釈をたれがちなので注意が必要です。(笑)

ところで、南の海でよく見かける黄色いヤツ、伊豆には何でいないの?

「今週の〇〇~!! 第223回 やや黄色(2004-12-07)」より
やや黄色のヘラヤガラ南の海に潜りに行くと、ヘラヤガラは黄色いことが多いのに、なんで伊豆に現れるヘラヤガラは黄色くないの?って前から思ってたのですが、このたびやや中途半端ながら、IOPで黄色のヘラヤガラに会うことができました。デカく育ってました。
で、よく考えたら南の海で出会う黄色のヘラヤガラは、みんなオトナだったような。。。単に子供じゃ黄色くはなれないんだよって話だったりする??(^^;;
(2004-12 IOP -10m)

ヘラヤガラの全身普段105mmのマクロレンズで撮影している自分にとって、ヘラヤガラの全身を撮影するのはちょっと難しかったりします。正面からカメラを向けて無理やり全身を捕らえてみましたが、部分的に撮影するよりどんなサカナかわかりにくくなってしまいました。(^^;;
(2004-07 IOP -5m)

お勧め Watching Point

多い年少ない年はあるけど、伊豆では秋になるとボチボチ会えます。でも、黄色いのは。。。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク