海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > タツ・ヨウジウオの仲間

Izuzuki Diver

ウミテング

Eurypegasus draconis

ウミテング
2007年3月 大瀬崎 -13m

コイツみたいにサカナらしくないサカナってのはダイバーに人気があるもんですが、コイツの人気が今一つブレイクしないのは顔が可愛くないせいだと思う。だって、顔が可愛くないと写真に撮っても面白くないじゃん!!と、自分が下手なのを棚に上げてみたりして。。。(^_^;)

ウミテングのチビ秋のIOPで出会ったチビです。ヒレがめでたく鮮やかでした。僕はあまりチビに出会った記憶が無いのですが、チビはみんなこんなヒレをしてるのかな?
(2004-09 IOP -18m)

ウミテングのチビ死滅回遊魚の寂しい2006年の伊豆ですが、IOPにはウミテングのチビが例年に無く多いようです。真っ黒になってゴミに紛れてるヤツが多いみたい。
(2006-08 IOP -19m)

泥色の個体記録的な雨を降らした台風が去った後、湾内@大瀬崎は泥に覆われていつもより海底が泥色になっていたんだけど、そこにいたウミテングは水流を当てても背中の泥が落ちないなぁと思ってたら、背中の模様が泥と同じ色でした。ええっ!?対応早すぎない??
(2007-09 大瀬崎 -17m)

「今週の〇〇~!! 第512回 実はラッキー??(2014-02-28)」より
ウミテングの死骸冷た~い海に耐えられなかったのか、やたらにサカナの死骸に出くわしました。 写真はひっくり返ってたウミテング。ウミテングの腹鰭ってこんな形だったんだ。なかなか出会うことの少ない光景に出会えたのは、ある意味ラッキーでしょうか?
(2014-02 大瀬崎 -15m)

お勧め Watching Point

西伊豆でも東伊豆でも出現します。IOPでは転石砂場がねらい目?

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク