海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > スズメダイの仲間

Izuzuki Diver

クロリボンスズメダイ

Neopomacentrus cyanomos

クロリボンスズメダイ
2005年10月 大瀬崎 -4m

「今週の〇〇~!! 第265回 掘り出しもの(2005-10-11)」より
ぱっと見はすすけたタカサゴススメダイって感じなのですが、こめかみ(?)のあたりの黒班が気になったんで一応撮ってみたら、クロリボンスズメダイなんて伊豆では聞いたことのないサカナでした。肉眼では果てしなくジミなサカナですが、写真に撮ってみるとウロコの1枚1枚にブルーが入っていてシックな美しさがあります。一見気付かないような違いとか美しさに気付くのって、ちょっと快感ですネ。

「今週の〇〇~!! 第472回 何かがある場所(2012-09-08)」より
7年ぶりのクロリボンスズメダイ7年ぶりに出会いました。前回出会ったとき、伊豆ではもう二度と出会うことは無いだろうなぁと思っていましたが、また会えるとは。。。 出会った場所は、たいして特徴があるとも思えないゴロタの一画ですが、7年前と全く同じ場所でした。明らかに別個体なんだけど。。。同じ種類のサカナが同じ場所に現れることってありがちですが、何があるのでしょう?この場所でクロリボンスズメダイに出会ったという記憶がコイツに気付かせてくれたのか?それとも、この何の変哲もないゴロタの一画が、実はクロリボンパラダイスなの?
(2012-09 大瀬崎 -4m)

そこそこ育ったクロリボンスズメダイ毎週必ず通る場所なのにしばらく会えてなかったんで、もういなくなっただろうなと思ってた11月、ここに来て再開できました。9月のときは近所のソラスズメダイにドツかれてボロボロになってたのですが、周りのソラスズメを圧倒する大きさにまで育って、お肌もピカピカでした。(^^)
これは結構長く成長を追えそうと思っていたら、翌週にはいなくなっていました。残念。。。
(2012-11 大瀬崎 -4m)

お勧め Watching Point

スズメダイとかマツバスズメダイのチビがウロウロしてる浅場に混じってました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!

スポンサーリンク