海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > スズメダイの仲間

Izuzuki Diver

セダカスズメダイ

Stegastes altus

セダカスズメダイ
2014年9月 大瀬崎 -1m

コイツは縄張りの中に海藻を育てる畑(?)を持っていて、岩影の家と畑の間を行ったり来たりしながら生活しています。IOPでは-10m近くまでいるのに、大瀬崎ではせいぜい-3mぐらいまでの浅場にいるのは、栽培種が違うのでしょうか。

セダカスズメダイygちなみに、幼魚の姿はあまり見かけないのですが、緑と白のツートンカラーの可愛い魚です。はじめて見たときは、「何だろう?」と悩んだものです。

セダカスズメダイ(産卵)セダカスズメダイはIOPにたくさんいるし、夏になるとあちこちで卵を守ってる姿も見かけるんだけど、産卵してるところは初めて見ました。早朝に産むんじゃなかったのか~?サカナにも、「朝早いのはちょっと苦手~。」などとのたまうヤツがいるんだろうか?

セダカスズメダイ(産卵)これだけ尾ビレが黄色いと、一瞬「おや?」って思ってしまいますが、やっぱりセダカスズメダイなんですよね。(^^
(2004-10 IOP -7m)

セダカスズメダイの卵もう10年以上前から緑色したサンゴの仲間(ミレポラコモンサンゴかな?)が付いてる岩があって、同じく10年以上前からセダカスズメダイが産卵場にしています。セダカスズメダイは代替わりしているのかもしれませんが、ずっと使われてる産卵場の部分だけ、丸くサンゴが切り取られたように見えるのは、きっとセダカスズメダイの仕業でしょう。器用ですね。
(2012-07 IOP -7m)

全身黄色いセダカスズメダイこんな全身黄色い個体には初めて出会いました。セダカスズメダイでイイのですよね??
不思議なのは、コイツがいる場所のすぐ近くに卵を守ってるデカい♂がいるのに、体が二回りも小さいコイツが畑を作っているように見えました。これは、継続観察したいなぁ。
(2012-07 IOP -7m)

お勧め Watching Point

波が当たる浅場が好みなようで、IOPでは結構見かけます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク