海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > スズメダイの仲間

Izuzuki Diver

タカサゴスズメダイ

Chromis weberi

タカサゴスズメダイ
2006年11月 IOP(伊豆海洋公園) -7m

たくさんいるのになかなか撮れないサカナっているんです。このタカサゴスズメダイはまさにそんなサカナでした。
小さくてちょこまかと動き回るスズメダイの子供は岩陰に追い詰めないとなかなか撮影するのは難しいのに、コイツラときたら潜降岩@IOPの周りを元気よく泳ぎ回ってるんです。僕が撮影しようと近づくと岩の反対側に回り、さらに追いかけるとまた反対側に回り込む。はちみつになりそうです。
ところが或る日、別の場所でTheスズメダイの群の中にタカサゴスズメダイが数匹混じってるのを見つけました。その群は臆病なTheスズメダイで構成されているらしく、僕が近づくと岩陰に隠れようとします。すると、一緒にいたタカサゴスズメダイもその群に付いて岩陰に逃げ込みました。つまり、性格がTheスズメダイと同じになってるのです。
やはりここのタカサゴスズメダイは大人になっても潜降岩のスズメダイより臆病に育つのだろうか?むむ。。。

タカサゴスズメダイya2004年の死滅回遊魚シーズンにはナゼかIOPでほとんど会えなかったタカサゴスズメダイですが、岬の先端@大瀬崎ではオトナになりかけたヤツがたくさんいてビックリ。東岸と西岸で流れてくるサカナが違うのも伊豆半島で潜る面白さの一つではないでしょうか?

お勧め Watching Point

潜降岩@IOPでよく見かけますが、写真を撮るならスズメダイの群に混じってるのを狙いましょう。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク