海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > スズメダイの仲間

Izuzuki Diver

ミツボシクロスズメダイ

Dascyllus trimaculatus

ミツボシクロスズメダイ
2007年1月 大瀬崎 -17m

コイツラは秋の伊豆にやってくる常連客で、数もとってもたくさん!!コイツラがイソギンチャクの前で群をなす姿は、秋の伊豆の風物詩と言っても良いかもしれません。
ところが、僕は伊豆半島でコイツが大人に育った姿を見たことがありません。ってことは、コイツラは低い水温に弱い?ってことは、伊豆から遠く離れたところから流れてきた?ってことが想像されます。そして気になるのは、その遠くがどこなのか、、、ミツボシクロスズメダイが産卵する北限はいったいどこなんだろう???

ミツボシクロスズメダイサンゴイソギンチャクに集ってるチビたちは、エントリーして最初に目に入るラブリーなものとして欠かせませんね。(^^
(2001-10 IOP -14m)

ミツボシクロスズメダイ今まであまり気にしてなかったけど、ちっちゃいヤツはどーも印象が違うなぁと思ったら、尾ビレが透明なんですね。
(2004-07 IOP -10m)

「今週の〇〇~!! 第352回 裏切り(2007-07-31)」より
越冬個体?夏にミツボシクロスズメダイがいるのは別にフツーのことなんですが、よく考えると7月にこのサイズはおかしい。越冬したんじゃないだろか?大瀬崎の前の冬は特に低水温期が短かったって印象は無いのですが、越冬したヤツがいたってことは、案外ミツボシクロスズメダイは伊豆で越冬してるのかもしれません。今までコイツラは越冬しないってこと前提でコメント書いてたのに。。。
(2007-07 大瀬崎 -17m)

ミツボシクロスズメダイ伊豆で出会ったミツボシクロスズメダイのサイズ記録更新個体です。(^^)v
大きいからかはわかりませんが、イソギンチャクの無いところにいました。
(2015-08 大瀬崎 -7m)

お勧め Watching Point

秋の伊豆ではやたらと目に付きます。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク