海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > タツ・ヨウジウオの仲間

Izuzuki Diver

タツノイトコ

Acentronura gracilissima

タツノイトコ
1999年7月 伊豆大島 -25m

タツノイトコなんてふざけた名前ですが、このタツノオトシゴの出来損ないのような魚にはぴったりの名前だと思います。いつも砂地に落ちてる海藻になりきってて、漠然と見てても目に留まらないことが多いんだけど、そこにタツノイトコが潜んでるかもしれないという疑いを持って注意深く見てみると、意外とたくさん見つけることができます。でも、幼魚なんて、まさにゴミです。

タツノイトコ(幼魚)IOPの砂地にちょんもり生える海藻をまさぐって見つけました。ゴミのような小さな命です。がんばって大きくなってください。

ケバケバしたタツノイトコやたらケバケバと皮弁の生えたタツノイトコがいました。こーゆーヤツに出会うとうっかり「お!タツウミヤッコ!!?」って勘違いしかけるからヤメてほしい。(^^;;
(2006-10 黄金崎 -12m)

お勧め Watching Point

砂地があれば、伊豆のどこでも見れると思います。砂地の海藻を漁ってみてください。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク