海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カサゴ・カジカの仲間

Izuzuki Diver

アサヒアナハゼ

Pseudoblennius cottoides

アサヒアナハゼad
2007年3月 IOP(伊豆海洋公園) -21m

IOPではアサヒアナハゼのオトナにはなかなか出会えません。と思ってたけど、なんだか大瀬崎で出会うヤツラに比べると一回りデカい気がします。アサヒアナハゼなんだろうなぁとは思うけど、ホントかな?

よく見かける色彩のアサヒアナハゼ世の中には「魚類検索 全種の同定」と言う本があって、日本中のサカナが区別できるはずなんだけど、この本は学者さんなどが標本を前にして同定する事を前提に書いてあるから、写真を見ながら調べようとしても、ハラビレのナンジョウの数がドーダ(写ってねぇ~!)とか、ソクセン上のウロコの数がナンダ(ウロコなんか見えねぇ~!!)とか、書いてあって役に立たないことが少なくないのです。
結局ダイバーにとっては、ガイドさんの「人相が悪いのはアナハゼだよ。」の一言の方が分かりやすかったりするのでした。(笑)
で、コイツは人相がそれほど悪くないので、アサヒアナハゼかな?
(2014-08 大瀬崎 -7m)

アサヒアナハゼyg春の岬の先端@大瀬崎、意識してみてればアサヒアナハゼの子供たちが結構いたのですね。

よく見かける色彩のアサヒアナハゼアサヒアナハゼはこんな色彩のヤツが多い気がします。IOPだと嬉しくて撮っちゃいますね。(笑)
(2005-02 IOP -13m)

お勧め Watching Point

大瀬崎には多いですが、IOPではほとんど見かけません。ちょっと内湾系??

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク