海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > カワハギ・フグの仲間

Izuzuki Diver

アミメハギ

Rudarius ercodes

アミメハギ
1999年11月 IOP(伊豆海洋公園) -21m

IOPにはそんなに多くのカワハギの仲間がいる訳じゃないんだけど、何がどのくらいいるの?と言われてもよくわかりません。注目度低すぎですね。(^_^;)
それでも、カワハギの産卵を1度見てから、アミメハギはどうかな?と思ったこともあるんですが、探すと意外に見つからなかった。。。あっ、でも、チビのアミメハギは可愛いから結構撮ってるかも。

「今週の〇〇~!! 第112回 コレも共生?(2002-09-10)」より
アミメハギwithニシキフーライニシキフウライウオはヤギの仲間や海藻の切れ端に擬態してると言われています。
アミメハギは海藻の端をくわえて寝る習性があるそうです。
そんな両者が遭遇すると、、、やっぱりこーゆー結果になるんですね。(笑)
それにしても、このアミメハギがくわえてるところは、うんちが出てくるところじゃ。。。(^~^;;
(2002-09 IOP -13m)

アミメハギygコイツは、こんな無防備な姿で砂地でフワフワしてていーんだろか?
エソとかにすぐガブっとやられそうだけど、逆にサカナに見えないから襲われないんだろか?
でも、食べちゃいたいくらい可愛いんですけど。。。(^^;;

卵を守るアミメハギアミメハギのお母さんが卵の世話をしてました。右側に写ってるモシャモシャしたものが卵です。守ってると言っても、僕が近づくとすぐどこかに行っちゃうのですが。。。
(2005-07 大瀬崎 -7m)

アミメハギの卵卵に近づいてみました。透明で美しい卵です。あまり発生は進んでいないようですね。
(2005-07 大瀬崎 -7m)

「今週の〇〇~!! 第379回 パキパキ(2008-04-30)」より
やる気の♂アミメハギの♂が縁を黒くして、お腹の大きな♀にディスプレイしてました。求愛かな?そーいや、アミメハギの求愛ディスプレイは初めて遭遇するような気がします。早朝に産卵すると言われるアミメハギが午後に求愛ディスプレイしてるのは、なかなか貴重なシーンなんじゃないかと胸躍らせてエアが切れるまで観察していたのですが、赤川泉さんの記事によれば、この「パキパキ」と呼ばれる体側誇示は「頻繁に行われます」とのことでした。考えてみれば、僕がよく潜ってるダイビングポイントにアミメハギの成魚が少ないだけだった。
(2008-04 大瀬崎 -7m)

お勧め Watching Point

伊豆各所でよく見かけます。赤沢の浅場には黄色いのがいます。

参考サイト

千葉県立中央博物館分館>雌が子育てをするアミメハギ

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク