海の生き物大図鑑(笑)> 伊豆のウミウシ> イロウミウシの仲間

Izuzuki Diver

ボブサンウミウシ

Goniobranchus roboi

解説

ボブサンウミウシ
2012年7月 IOP -26m

コイツはは、派手な色合いで動きが早くて珊瑚礁のウミウシみたいな印象ですが、温帯の深場のウミウシとされてるようです。とは言っても、深場じゃないところでも結構見つかっているようですが。。。

ボブサンウミウシ動きが速くてウミウシイーターのキイボキヌハダウミウシには追いつけなかったみたい。。。(^^;;

ボブサンウミウシチビッコは、スカートの部分が長くて、しかも歩くときにヒラヒラさせる姿がたまりません。
(2014-08 大瀬崎 -23m)

産卵中のボブサンウミウシアクロバチックに産卵中です。
平らなところだったら丸く渦巻き状に卵を産みつけてゆくと思うのですが、こんなヤギの枝じゃ丸くは産めそうにはありません。この後どうなるのか見てみたかったけど、見届けられるほど産卵スピードが速くないのが残念。。。
(2017-08 大瀬崎 -24m)

お勧め Watching Point

IOPでは、2の根の下-30m以上の深場に多いようです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!