Izuzuki Diver

伊豆のエビ・カニ・他 > サンゴ・イソギンチャク > エンタクミドリイシ

エンタクミドリイシ

Acropora sp.

解説

エンタクミドリイシ
2016年1月 大瀬崎 -5m

外海@大瀬崎にポツンと生えてる小さなテーブルサンゴですが、大瀬崎でコバンハゼの仲間に出会える貴重なポイントとして、カメラを持ったダイバーに超人気です。でも、これ以上デカくなったら、枝の中をチョロチョロ動き回るハゼは撮りにくそうなので、あまり育ち過ぎないことを希望します。(^^;;)

エンタクミドリイシ2021年の潜り初めも大瀬崎でした。
湾内の千鳥前の鎖に小さなサンゴが着いていました。
このまま大瀬崎は珊瑚礁になるのでしょうか?
良い継続観察ネタになります。(^^)
(2021-01 大瀬崎 -3m)

このサンゴについて、エンタクミドリイシではないんじゃないかとの指摘をいただきましたが、「造礁サンゴフィールド図鑑 ~伊豆・三浦・房総編」では別種の可能性があるとしながらも、エンタクミドリイシと表記していますので、これに従います。

お勧め Watching Point

外海@大瀬崎の浅場にポツンと生えていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!