Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ハゼ > オトメハゼ

オトメハゼ

Valenciennea puellaris

解説

オトメハゼ
2021年1月 大瀬崎 -10m

見た目の可愛らしさにマッチした可愛らしい名前を付けられたサカナって案外少ない気がします。
でも、♂のオトメハゼにとっては迷惑な話です。だって、ただでさえ可愛らしいのに、その上「乙女」なんて呼ばれちゃったら、どうやって♀を口説けばいいの~?
逆にダイバーとしては、ギラギラさせて♀を口説いてるオトメハゼは見ちゃいけないような。。。(笑)

オトメハゼのチビッコただでさえ仕草の可愛いオトメハゼですが、顔の大きいオトメハゼのチビッコは、可愛さ倍増、ハートを鷲掴みされます。(^^
(2013-10 大瀬崎 -8m)

オトメハゼのペアちっちゃいオトメハゼ同士のペアです。大きいのにロンリーで暮らしてるヤツもいるけど、小さいうちからペアで暮らしてるヤツラもいます。コイツラがませてるだけなのか?棲息密度が濃いと小さなペアが生まれやすいのか?誰か調べてないかなー?(^^)
(2013-10 大瀬崎 -8m)

オトメハゼのペア前の年の秋に「ちっちゃいペアがいるなー」と思ってたら、みるみるデカくなって、春には(たぶん)成魚のペアになっていました。入れ替わってないよね。。。(汗)
(2021-04 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

大瀬崎や黄金崎で結構見かけるかも。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!