Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ハゼ > ホシハゼ

ホシハゼ

Asterropteryx semipunctata

解説

ホシハゼ
2020年12月 大瀬崎 -3m

長細い体型のヤツが多いハゼの中では、コイツはぽっちゃり系なので、初めて出会った時はゴンベの仲間かと思ってしまいました。遠目にはちょっとカワイイと思うのですが、顔をアップで見ると結構ゴツい。ミジンベニハゼと一緒です。(^^)

デカい個体以前はかわいいと思ってたホシハゼですが、老成するとかなりゴツイ感じになります。まぁ、かわいいだけで生きてゆけるサカナはいませんから。。。
(2007-11 大瀬崎 -5m)

ホシハゼのオスホシハゼの♂が岩陰の♀に向かって猛烈ディスプレイ虫でした。ちっちゃいサカナながらもヒレ全開&アゴを膨らませて最大限に身体を大きく見せている姿が、男らしいです!!
(2016-05 大瀬崎 -5m)

ホシハゼの喧嘩ホシハゼの繁殖期って初夏から秋にかけてだと思ってたのですが、ナゼか12月にオス同士が激しく争っていました。今からそんなに気合い入れるんだ。(笑)
(2020-12 大瀬崎 -2m)

お勧め Watching Point

大瀬崎や黄金崎や浮島の内湾の浅瀬にいます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。