Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > カワハギ・フグ > モヨウフグ

モヨウフグ

Arothron stellatus

解説

モヨウフグ
2019年11月 大瀬崎 -25m

モヨウフグとの伊豆での初めての出会いは、いきなり40〜50cmサイズの成魚との出会いでした。
死滅回遊魚はだいたい幼魚が現れて、次第に大人になって行くってパターンが多いのですが、いきなり成魚が現れるとビックリします。特に伊豆にはいないサイズのフグだし。。。
2019年はデカい台風が関東・東海を直撃したりしたから、成魚になってから流されて来ちゃったのでしょうか?
海から上がって友人たちに、「こーんなサイズのモヨウフグがいた!」と手を広げて表現したら、ついつい1mくらいになってたようで、「そこまでデカくないよ!そんなのいたら沖縄でも話題になっちゃう!」とのツッコミを受けてしまいました。ビックリすると気持ちのバイアスがかかってしまうのよ〜。

モヨウフグの若魚?2020年6月に出会ったヤツです。越冬個体だと思うけど、身体の模様がキレイで元気いっぱいでした。湾内@大瀬崎でのんびりしていられたのは、コロナのせいでダイバーが少なかったからかな?
(2020-06 大瀬崎 -7m)

お勧め Watching Point

岩まじりの砂地で見かけました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!