海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ゴクラクミドリガイの仲間

Izuzuki Diver

スイートジェリーミドリガイ

Thuridilla albopustulosa

スイートジェリーミドリガイ
2008年5月 大瀬崎 -18m

初めて出会ったときはブルーがキレイで感動しました。

「今週の〇〇~!! 第41回 緊急特集(笑)ブリマチのウミウシ6種(2001-04-11)」より
謎のミドリガイ今週は名前が判らないヤツに良く当たった週だった。コイツもキッパリとは同定できないんだけど、ハナミドリガイにも見えるなぁ。スイートジェリーのなれの果てだったりして。。。ちなみに体長は写真の状態で8mmでした。

その後、やっぱりスイートジェリーミドリガイだろうってことにしました。

スイートジェリーミドリガイ(IOP)コイツはデカかった~。フツー出会うヤツラは1~2cmぐらいなのに、4cmぐらいありましたよ。
そー言えば、磯採集が趣味の人に聞いた話によると、ウミウシ採集のコツは1匹ずつ採集することだって聞きました。同じ種類のヤツを2匹水槽に入れると、すぐに交接して産卵して死んじゃうんだそーです。1匹なら結構長生きするのだとか。。。
ってことは、ここまで大きくなってしまったコイツは、モテないヤツってこと~?(^^;;

青いスイートジェリーミドリガイスイートジェリーミドリガイはナゼか大瀬崎にいるヤツのほうがキレイなんです。IOPのは育ちすぎです。栄養とかは別に関係なさそうなのに。
(2006-12 大瀬崎 -17m)

スイートジェリーミドリガイスイートジェリーミドリガイは青、ヨゾラミドリガイは緑、って印象ですが、緑っぽいスイートジェリーミドリガイもいます。
緑と言うよりは、全体に黄色のフィルターがかかってるような感じ?
(2017-12 大瀬崎 -26m)

お勧め Watching Point

春の伊豆では、岩の表面を歩いているのをよく見かけます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク