海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ゴクラクミドリガイの仲間

Izuzuki Diver

ヒラミルミドリガイ

Elysia trisinuata

ヒラミルミドリガイ
2006年5月 黄金崎 -10m

このウミウシは単体だ見るとキモチワル~なヤツですが、見事にミルに溶け込んでるから、探す楽しみがあります。だもんで、実際に一緒に潜った人に教えると、結構みんな喜んでくれました。ウミウシガイドブック(2)-伊豆半島の海から(TBSブリタニカ)にはダイバーに人気がないような事が書いてあるけど。。。
特に女性にはこーゆーブキミなものが好きな方が多いみたいですね。目黒の寄生虫館に行った時も、来ていたカップルのほとんどは、女性の方が喜んでたようにも見えたし。。。

ヒラミルミドリガイの卵ヒラミルミドリガイは1年中いるような気がするのですが、季節を全く無視したウミウシというわけでもなさそうです。夏にはあちこちのミルにキレイな渦巻きが描かれています。
(2006-08 IOP -7m)

お勧め Watching Point

IOPではネザシミルに多いと思います。多い時には、一つのミルに10匹ぐらいついてることもありました。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク