海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > サンゴ・イソギンチャクの仲間

Izuzuki Diver

アミメマンジュウイシ

Coscinaraea sp.

アミメマンジュウイシ
2017年9月 大瀬崎 -10m

岩にへばりついて生えてるジミな存在です。このようなサンゴには、フジツボやゴカイがたくさん棲みついて表面から顔を出しているんですが、サンゴの表面は普通の岩肌より棲みやすかったりするのでしょうか?

アミメマンジュウイシイシサンゴの種類を見分けるために、個体の並び方が参考になると思いますが、表面が筋状のサンゴって、そもそもどれが個体なのかわかりにくいので、困ります。
(2017-09 大瀬崎 -10m)

お勧め Watching Point

潮通しの良い外海@大瀬崎のゴロタエリアで岩にへばりついていました。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク