海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > その他

Izuzuki Diver

ミギマキ

Goniistius zebra

ミギマキ
2016年11月 大瀬崎 -5m

友人Nさんはミギマキを好きじゃないみたい。
珍しくもなくって(タカノハダイよりは少ないと思うけど)、美しくもなくって(チョウチョウウオに比べるとヤボったいかな)、美味しくもない(らしい)ってことらしい。
そんな彼女が富戸でボートをやったときの話。
素晴らしいソフトコーラルに囲まれながらでっかいクエなんぞを眺めて、かなり幸せな気分。
この興奮を誰かに伝えたい彼女は、「あれがいたこれがいた」という話を船長に話しかけたのだが、その船長はミギマキ好きだった。
何を言っても「で、ミギマキもいたろ」としか返ってこない。。
NさんはNさんでミギマキの話なんぞしたくないもんだから、2人の会話は永遠に噛み合わなかったのでした。
ここまで好き嫌いされるサカナも珍しい。

唇が赤くないミギマキ体の地色は白いし、唇は赤くないし、完全にユウダチタカノハのチビだと思って撮影してたのですが、顔のラインを良く見たらミギマキでした。「え?そんなんだっけ?」とビックリして魚類写真資料データベースで写真を見てみたら、どーも子供のときは体の黄色も唇の赤も薄い傾向みたいでした。
(2005-06 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

伊豆ではいつでもどこでも誰とでも。。。でも、写真はなかなか撮らせてくれないヨ。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク