海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ニザダイの仲間

Izuzuki Diver

ニジハギ

Acanthurus lineatus

ニジハギ
2011年10月 大瀬崎 -2m

ニザダイの仲間の当たり年と言われる2002年には、伊豆半島のあちこちのポイントに現れてくれました。
現れるポイントは、水深-2mより浅い場所が多く、しかもダイバーのエントリ口にいたりして、いるんだけど撮影できない~!なんてことしばしばでした。
IOPに現れるヤツは、水深はともかく何でエントリ口に集まるのでしょう?
ダイバーが歩いたり転がったりするとエサが巻き上がるのでしょうか?
それとも、そこが撮影しにくいところだと知ってるのか?(笑)

お勧め Watching Point

秋に浅場で見かけます。ハデなサカナなんで、いたら探さなくても目に入ることでしょう。ニザダイの仲間が多い年に出会いのチャンスが多いように感じます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク