海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ネズッポ・ウバウオの仲間

Izuzuki Diver

ミヤケテグリ

Neosynchiropus moyeris

ミヤケテグリ
2009年11月 大瀬崎 -6m

カワイイ、キレイ、珍しいってのはダイバーに人気が出るサカナの条件ですが、写真はダイバーを引きつけるためには「コレクション心をくすぐる」と言うのも重要な要素です。カエルアンコウ然り、ハナダイ然り、ハゼ然り、、、そして、テグリの仲間。。。ダイバーでない人がこのサカナの写真を見て、果たして「いいなぁ」と思うだろうか?どーも人は、色違い模様違いなモノがあると(写真を)集めなくちゃ気がすまないようです。

「今週の〇〇~!! 第153回 八丈ダイジェスト!!-チキン野郎っ!(2003-07-01)」より
ミヤケテグリ産卵僕が今まで立ち会うことができたテグリの産卵の中でも、こんなにイライラしたのは初めてです。♀は最初からヤル気マンマンで、もー体が浮き上がってるのに、♂が僕らに取り囲まれてビビってるのか、全然まともに飛ぼうとしないんです。こんな調子だとキミ、フラれちゃうよっ!!
って、僕らがハーハー言いながら見てるのがよっぽど怖かったんだネ。(^^;;

動画はこちらから→ミヤケテグリの産卵(1,435KB)

「今週の〇〇~!! 第170回 ずるいぞ黄金崎っ!!(2003-11-25)」より
ミヤケテグリ潜降して手を付いたら、こんな可愛いヤツがピコピコしてました。黄金崎じゃ探さなくてイイんかいな。

お勧め Watching Point

夏の伊豆ではチラホラといます。僕のイメージでは-10m前後の岩礁にいることが多いですが、どうでしょうか?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク