海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ベラの仲間

Izuzuki Diver

タコベラ

Oxycheilinus bimaculatus

タコベラ
1999年11月 IOP(伊豆海洋公園) -23m

僕の初めての海外ダイビングはハワイ島でした。たまたまガイドをお願いしたガイドさんはかなりサカナに詳しそうだったんで、何を見せてくれるのかワクワクしながらエントリーしたのですが、彼が最初に指さしたのがタコベラの♀でした。
ハワイ固有のサカナを期待してた僕としてはいささか拍子抜けでしたが、伊豆で見かけない色のバリエーションだったんでとりあえず写真は撮りました。次に教えてくれたのはタコベラの♂、そしてツユベラyg、ツユベラadと続く。。。ここは本当にハワイなの?固有種を撮らせろ~とばかりにツユベラなどは写真を撮らずにいたんですが、ボートに上がってから「タコベラやツユベラみたいなフツーのサカナでも、いろんなステージやバリエーションを撮っておくことで写真の主張が強くなるんだよ」と言われてしまった。なるほど~!ためになる一言です。でもね、それって常連に言う言葉ではありませんか?
ちなみに上の写真は伊豆で撮ったものです。

タコベラyg冬のIOPでタコベラの子供を見かけました。カワイイ~~~と思いつつも、去年はタコベラの求愛を見忘れてたことを思い出して、ちょっと悔しい気分になってしまうのでした。

タコベラ話題になることなんかなかったけど、2002年は密かにタコベラの当たり年でした。晩秋にはあちらこちらで、お腹がパンパンの♀やギラギラした♂の姿を見ることができました。とくれば産卵も・・・ハッ、見忘れた。。。<(-o-)>

タコベラの婚姻色タコベラの婚姻色ってハデなんだけど、それってキレイなの~?とちょっと微妙な感じがします。ただ、いろんな色の婚姻色があるのは面白い。なんで、♀の好みも様々なのかねぇ。
(2004-11 IOP -15m)

お眠なタコベラ日が短くなってきた9月、湾内@大瀬崎の最終エギジット時間近くには、もう真っ暗になります。岩に寄り添ってタコベラも寝ています。それにしてもオハグロベラと言い、その寝かたは無防備すぎませんか?
(2004-09 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

伊豆では夏以降あちこちで見かけるようになります。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク