海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ベラの仲間

Izuzuki Diver

オオヒレテンスモドキ

Novaculoides macrolepidotus

オオヒレテンスモドキ
2001年2月 IOP(伊豆海洋公園) -15m

このサカナを図鑑で初めて見たとき、他のテンスモドキとは全くイメージが違う風貌に驚いた。その第一印象以来、一度は見てみたい憧れのサカナになったのです。それだけに、実際に見つけたとき、あまりに地味だったのには落胆も大きかったです。(^^;;
でも、写真を撮ろうと近付いたら、くねくね泳ぎで逃げ始めて、その姿がまさにテンスモドキだったものだから、僕の気も何故か晴れたのでした。なんのこっちゃ。

「今週の〇〇~!! 第243回 出てきていいの?(2005-05-03)」より
オオヒレテンスモドキyg春にごり真っ盛りのゴールデンウィーク、水温がちょこっと15度を上回ってきたせいか、今までどこにいたの?って死滅回遊魚が顔を出すようになってきました。砂にでも潜って水温が上がるのを待ってたのでしょうか?
でも、この季節に越冬したなぁと思われるサカナの多くは、夏までに姿を消しちゃいます。ヘタにフラフラ動き出すと捕食者に狙われやすくなるのかも。
(2005-05 IOP -12m)

お勧め Watching Point

認識したのは1.5番@IOPで一度だけ、、、でも、実はたくさんいるかも。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク