海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > アンコウの仲間

Izuzuki Diver

アンコウ

Lophiomus setigerus

アンコウ
2016年7月 大瀬崎 -23m

2016年夏の大瀬崎は、浅場と深場の水温差が激しく、この日も浅場は青く温い水で、深場は冷たく濁った春の水でした。そんなサーモクラインの下で出会った30cmぐらいのチビッコくん、僕のマクロレンズでもなんとか全身収まる撮りごろサイズでした。

アンコウの棘アンコウとキアンコウは、目の後ろの方にある棘が1本(キアンコウ)か複数ある(キアンコウ)かで見分けられるようです。コイツは、少なくとも3本はあるので、アンコウで決定!
(2016-07 大瀬崎 -23m)

お勧め Watching Point

春先の湾内@大瀬崎が確率は高いです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク