Izuzuki Diver

伊豆のウミウシ図鑑 > ミノウミウシ > ガーベラミノウミウシ

ガーベラミノウミウシ

Sakuraeolis gerberina

解説

ガーベラミノウミウシ
2002年6月 IOP(伊豆海洋公園) -28m

以前エノキウミウシと呼ばれてたのはこのウミウシです。もともと珍しいウミウシではないですが、特にブリマチ@IOPではセンナリウミヒドラの上でスミゾメミノウミウシと共にワサワサと繁栄してる姿を目にします。

ところで、コイツを写真に撮ったときに、ソフトフォーカスをかけたようなモヤっとした印象に写ることがあるんだけど、これは単にハレーション起こしてるだけなんだろうか?何か分泌してるようにも見えるんだけど。。。

ガーベラミノウミウシミノがふさふさした個体です。これはエノキミノウミウシと呼びたくなる気持ちもわかります。
(2017-07 大瀬崎 -30m)

お勧め Watching Point

ブリマチ@IOPでは、いつ行ってもセンナリウミヒドラにたくさんついてます。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!