Izuzuki Diver

伊豆のウミウシ図鑑 > イボウミウシ > タテヒダイボウミウシ

タテヒダイボウミウシ

Phyllidia varicosa

解説

タテヒダイボウミウシ
2004年11月 IOP(伊豆海洋公園) -14m

イボウミウシの仲間って見てもあまり印象に残らないんだけど、コイツは良く覚えてます。デカかった!!僕のダイビング人生の中で出会ったイボウミウシの中ではダントツのサイズです。
そもそもウミウシにはサイズ制限って物が無いんだろうか?条件が合えばどこまででも大きくなってしまうようです。その証拠に僕はブリマチ@IOPで10cmぐらいのサラサウミウシ(フツーは2~3cmぐらいでオトナ)を目撃したことがあります。本当です。

タテヒダイボウミウシのB面他のイボウミウシと間違いようが無いとは思ったのですが、念のためB面を見てみたら、やっぱり個性的でした。
(2004-11 IOP -14m)

タテヒダイボウミウシyg伊豆で出会うイボウミウシの中では最大級で、お世辞にも可愛いとは言えないタテヒダイボウミウシですが、子供の頃はあったのですね。
(2020-08 IOP -6m)

お勧め Watching Point

コイボウミウシ100匹に対して1匹ぐらいって感じでしょうか?いればイヤでも目に飛び込んできますが。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!