Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ウツボ・アナゴ > クロアナゴ

クロアナゴ

Conger japonicus

解説

クロアナゴ
2003年4月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

ウツボやウナギは顔が恐いけど、アナゴは何故かおめめパッチリで可愛らしい顔です。どことなく、犬っぽいイメージです。・・・ハッ!!ってことは、もしかしてウナギイヌ!?
いえいえ、海のウナギイヌと言えば昔からイタチウオに決まってます。残念残念。(^^;)
ちなみにコイツ、育つと人の頭ぐらいの太さにはなるそうで、蒲焼き何人前~?とか寿司にして何カン~?とか夢が膨らみがちですが、そこまで大きいと美味しくないかな?(^^;;

クロアナゴの全身コイツはあまり黒くないけど、クロアナゴだと思います。若いときは白っぽいのかな?無垢なんだね〜。
(2021-08 大瀬崎 -2m)

お勧め Watching Point

岩の亀裂から顔を覗かせているのをたまに見かけます。IOPではオクリダシの壁やクエ穴などで何度か会ったことがありますが、ずっと同じ固体が住み着いているのかは不明。。。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!