Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > タツ・ヨウジウオ > ワカヨウジ

ワカヨウジ

Trachyrhamphus bicoarctatus

解説

ワカヨウジ
2021年8月 大瀬崎 -10m

ヨウジウオの中でも顔がのっぺりしていて、ひときわ「棒」っぽい印象なワカヨウジです。その「棒」っぽさに自信があるのか、他のヨウジウオに比べて動きが緩慢な印象を受けます。そんな油断してると、恐い肉食魚に気付かれるぞ!と心配になりますが、他のサカナにちょっかい出されているところは見たことがありません。

ワカヨウジ5cmほどの若いワカヨウジです。(^^;
のっぺりした顔は、まんま親譲りですが、なんかカワイイですね。身体が苔むしてるみたいなので着底直後ってことはないと思うけど、同じぐらいのサイズで着底するみたいだから、成長が遅いってことなのかもしれません。
(2008-8 大瀬崎 -7m)

ワカヨウジ伊豆半島では死滅回遊魚になるのでしょうか?ワカヨウジのオトナにはあまり出会えません。吻が黒いヤツはよく図鑑に載ってるので、自分の中では標準色彩パターンです。
(2012-10 大瀬崎 -30m)

ワカヨウジムチカラマツ林に白いワカヨウジがいました。
本人はムチカラマツに擬態しているつもりでしょうか?
ムチカラマツになりきるには、ちょっと小さすぎなんですけど。(笑)
(2019-02 大瀬崎 -30m)

お勧め Watching Point

砂地の岩場が狙い目?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!