Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > その他 > フタスジタマガシラ

フタスジタマガシラ

Scolopsis bilineata

解説

フタスジタマガシラ
2021年1月 大瀬崎 -7m

タマガシラの仲間はみんなキレイだし動きもコミカルなんだけど、ダイバーの間での人気は今ひとつです。このフタスジタマガシラなんて凄く目を引くし、もう少し話題になってもよさそうな気がするんですが、あまり話題にする人もいないような。。。関西じゃないからカナ?

フタスジタマガシラ南方種がなんでも大きく育つ2021年、フタスジタマガシラも僕が未だかつて見たことのないサイズに育ってきました。
とはいえ、この模様はまだ子供の模様です。
このサカナ、オトナと子供で身体の模様が違うのですが、ネットで検索してもその中間の模様がほとんど出てきません。
一夜にしてパっと変わったりして?
(2021-10 -6m 大瀬崎)

お勧め Watching Point

岩場に堂々といるから、いれば目に入るはずです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

特徴

幼魚は上半分が黄色と黒のシマシマで、下半分が白いです。これが、オトナになると袈裟がけ模様になるようですが。。。