Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > その他 > アヤメエビス

アヤメエビス

Sargocentron rubrum

解説

アヤメエビス
2019年12月 大瀬崎 -16m

「今週の〇〇~!! 第644回 撮れそうで撮らせてくれないモヤモヤ(2020-01-02)」より
2019年末の大瀬崎、潜り納めのナイトダイビングで、自分的にはお初なアヤメエビスとの出会い(格闘?)がありました。(^^
コイツはイットウダイ科のサカナらしく、光を当てるとそそくさと岩陰に隠れてしまうのですが、しばらく離れてるとまた出てる。を繰り返して、半後ろ向き写真を量産しましたが、1枚だけ岩陰ですが前向きの写真がありました。
ホントは横向きで撮りたいところだけど、この1枚のお陰で、なんとかモヤモヤせず年越しできました。(^^)/

アヤメエビスコイツに初めて出会ったのは2019年の年末だけど、2021年の6月にも出会うことができました。
同じ個体かどうかわかりませんが、赤堀さん@シーキングの話では、その後も継続的に見られているようです。すっかり地元民ですね。
ただ、地元民だからと言って性格が大胆になっているということはなく、光を当てるとすぐに隠れて、しばらくするとまた出てくる、もぐらたたき状態は変わらずでした。(^^;)
(2021-06 大瀬崎 -16m)

お勧め Watching Point

夜の湾内@大瀬崎で漁礁のゴロタを出たり入ったりしていました。

レア度

★★★★☆:なかなか出会えないと思います。ラッキー!