Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ニザダイ > テングハギ

テングハギ

Naso unicornis

解説

テングハギ
2021年7月 大瀬崎 -1m

伊豆の死滅回遊魚シーズンに現れるこのテのサカナの子供、一体種類は何なの?ってのはなかなか難しい問題だけど、テングハギのチビッコはわりと特徴がハッキリしていて、尾ビレの付け根に青い点が並んでいればテングハギです。まぁ、その前に鈍く金色しているので、雰囲気で見分けられるかも。

テングハギ意外なことに年を越したテングハギはお肌がツルツルになって元気そう。死滅回遊魚が寒さに慣れるなんてことはあるんだろうか?

テングハギコイツはテングハギの若魚ですが、まだテングになってないですね。謙虚ハギ?
(2018-09 大瀬崎 -2m)

テングハギネットで検索すると、テングハギは浮遊期や着底直後には黒い斑模様があるようなのですが、コイツにもなんとなく斑模様の名残がありますね。4〜5cmはあったように思うけど、これでも着底間もないのかな?
(2020-11 大瀬崎 -2m)

お勧め Watching Point

伊豆では夏以降、浅場で見かけます。内湾よりは多少波があるようなところを好むのかな?

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!