Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > カサゴ・カジカ > ダルマオコゼ

ダルマオコゼ

Erosa erosa

解説

ダルマオコゼ
2006年7月 大瀬崎 -21m

ダルマオコゼの印象を一言で言えば、海底に落ちてる不機嫌な顔です。コイツに出会ったことのあるダイバーは少なくないと思いますが、顔のインパクトが強すぎて、どんな身体つきだったか覚えるダイバーはほとんどいないんじゃないでしょうか。(笑)

横から見たダルマオコゼ横から見た図です。やっぱり印象に残らない体です。(笑)
(2006-07 大瀬崎 -21m)

ダルマオコゼyg小さい個体に出会いました。
尻尾(尾ビレ)をくりんと丸めちゃって、なんだかダンゴウオみたいな可愛い仕草です。
・・・が、顔はやっぱりコワオモテなのです。。。
(2017-09 大瀬崎 -23m)

ダルマオコゼのペア?2匹のダルマオコゼが向かい合っていました。サカナが2匹向かい合ってるのは、縄張り争いをしてるとか、だいたい敵対していることが多いのですが、この2匹にはそんな緊張感が感じられません。
ペアなのか?
うーん、ダルマオコゼとは気持ちが通じ合えない。。。
(2020-06 大瀬崎 -20m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎かな?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!