Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ヒメジ・フエダイ・フエフキダイ > ニセクロホシフエダイ

ニセクロホシフエダイ

Lutjanus russellii

解説

ニセクロホシフエダイ
2020年12月 大瀬崎 -1m

「今週の〇〇~!! 第667回 激浅専用(2020-12-24)」より
2020年の大瀬崎は、0m〜-2mあたりの激浅エリアが面白い!
夏から冬にかけては、先端を潜ってるだけでお腹いっぱいだったので、湾内をちゃんと潜ったのは久しぶりでした。
大瀬崎では今まで出会ったことが無いハマフエフキが群れてたり、ニセカンランハギオスジクロハギがみんなデカく育ってて、新鮮でした。(^^
そして、最後の最後、フィンを脱ごうとした時に目が合ったのがコイツ、ニセクロホシフエダイのチビッコです。
魚類DBを見てみると、幼魚はこーゆー激浅なところにいるようですね。
激浅で泥も積もってたので、浮きながらの撮影になっちゃいましたが、写っててラッキー。(^^

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎の水深1mより浅いエリアにいました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!