Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ハゼ > ナノハナフブキハゼ

ナノハナフブキハゼ

Vanderhorstia rapa

解説

ナノハナフブキハゼ
2020年11月 大瀬崎 -47m

キラキラハゼに近似種がいるって話を知らなかったら、コイツは悩む必要なくキラキラハゼと言ってたでしょうね。ところがハゼにはマニアがたくさんついてるから、キラキラハゼとは明確に違うってことがちゃんとわかってしまうワケです。こだわりがなければ付いて行けない世界ですが、片足でもつかってしまったら ドップリ行きそうな魅惑の世界でもあります。

以前はモンナシキラキラハゼの愛称で呼ばれていましたが、2007年3月に学名と和名が付きました。

ナノハナフブキハゼシーキングの赤堀さんが、「キザクラハゼがいるよ〜」と教えてくれたので、会いに行ってみたのですが、上がって来て写真をチェックしたらナノハナフブキハゼでした。orz
などと、がっかりしてはコイツに失礼でしたね。ゴメンヨ〜。
(2021-01 大瀬崎 -34m)

お勧め Watching Point

キラキラハゼと同じような深場のちょっと柔らかい砂地にいました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!