Izuzuki Diver

伊豆のサカナ図鑑 > ベラ > セジロノドグロベラ

セジロノドグロベラ

Macropharyngodon negrosensis

解説

セジロノドグロベラ
2001年11月 IOP(伊豆海洋公園) -24m

セジロノドグロベラもブチススキベラと同じように、子供のころはゴミにまみれながら、フラフラと波間に漂う人生を送ってます。キモチ良さそ。

あまり自分の意思を感じさせない泳ぎのこいつらですが、カメラを向けると何気な~くフラフラ~~と遠ざかって行きます。少し近づいてカメラを構え直しても、すぐにヘロヘロ~~と遠ざかって行くので写真が撮れません。しかも、その逃げ方はあくまでマイペースで余裕タップリって感じです。僕なんか軽くあしらわれてるようで、悔しいぃ~~。
でも、こんな脱力泳ぎも、弱い者が生き抜くために必死でやってるんだろうな~と思うと、なんか美しいかも。。。

セジロノドグロベラyg成長するにつれ、背中の赤みが消えてきてセジロになってきます。そして、成長するにつれ、逃げ足も速くなって撮りにくい〜!
(2021-10 大瀬崎 -3m)

お勧め Watching Point

秋から冬のIOPにいました。ブチススキベラに比べると、数は少ないかも。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

特徴

伊豆でよく見られる幼魚は、背鰭の上部から白→赤→黒のグラデーションになります。