海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ミノウミウシの仲間

Izuzuki Diver

アオミノウミウシの一種2

GLAUCIDAE sp.

アオミノウミウシの一種2
2005年4月 IOP(伊豆海洋公園) -25m

触角の形から、サキシマミノウミウシに近い種類ではないかということです。ミノウミウシの仲間を見分けるのに、触角の形は重要なポイントのようですね。

(初めて出会ったときのコメント)
アオミノウミウシの一種2これも結構小さい&やせっぽちなヤツで、肉眼で特徴を確認することは不可能。見つけて教えてくれたバディのビデオを見てもよく判らなかった。でも写真を見たら1発でした。写真の解像度の高さってやっぱりスゴイ!ハウジングもゲットしてビデオデビューしたばっかりなのに、やっぱりカメラも捨て難いなぁ。

アオミノウミウシの一種2(L)この画像はビデオからのキャプチャーです。コイツを初めて見つけたときは、こんな小さいものをビデオの解像度で撮るのは無理だなぁ、などと思っていた(上のコメント参照)んですが、成長した大きな個体を見つけることで全て解消でした。(^^
こんなことで良いのでしょうか?

コイツはウミウシガイドブック(2)-伊豆半島の海から(TBSブリタニカ)に不明種(AEOLIDACEA sp.K)として載ってます。

見た目からFlabellina sp.と決め付けていましたが、本州のウミウシ(ラトルズ)に合わせてGLAUCIDAE sp.に変更しました。

お勧め Watching Point

IOPでは春から夏を中心に多く見かけます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク