海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ミノウミウシの仲間

Izuzuki Diver

アカエラミノウミウシ

Sakuraeolis enosimensis

アカエラミノウミウシ
2005年8月 IOP(伊豆海洋公園) -6m

とってもよく見かけるウミウシだけど、オレンジが鮮やかでよく目立つゴージャスなヤツです。毛も多いし。。。

「今週の〇〇~!! 第91回 春だしIOPウミウシ特集(2002-04-02)」より
アカエラミノウミウシコイツはただのアカエラミノウミウシだけど、キレイな固体でした。だから、ド普通種のアカエラミノウミウシとは信じたくないような。。。(^^;;
(2002-04 IOP -21m)

「今週の〇〇~!! 第36回 ボールになって舞うアカエラミノウミウシ(2001-03-07)」より
アカエラミノウミウシ(玉)岬の先端@大瀬崎は、浅場がすっかり春の潮になってた。深場でハナダイなどを見た後、減圧しながら探し物をしてたけどこれと言ったものも見つからず、水は濁ってるしで、ちょっとブルーな気分になりかけてた。そのとき、何気にひっくり返した岩の裏側にアカエラミノウミウシが付いてた。珍しかないけど結構キレイなヤツ。数枚写真を撮った後、ひっくり返した岩を元に戻そうとしたら「つるっ!」手が滑って勢い良く岩が転がり、その勢いでアカエラミノウミウシは砂と一緒に巻き上がってしまった。だけど、ヤツは中層に放り出された次の瞬間、くるっとエビ反ってボールになり、その体制のままフラフラと落下、着地したら体を伸ばして何事もなかったように歩き去っていったのだった。。。見事!!

アカエラミノウミウシ(身重)アカエラミノウミウシの腹撮ってるときはずいぶん太っちょなヤツだなぁと思っただけなんだけど、家で画像を見てみたらお腹には卵がぎっしり詰まっていました。なんか凄いね。

お勧め Watching Point

IOPでもたまに見かけるけど、大瀬崎にはたくさんいます。岩肌の日陰部分や石の下に多いかな~?

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク