海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ゴクラクミドリガイの仲間

Izuzuki Diver

アズキウミウシ

Elysia amakusana

アズキウミウシ
2005年4月 IOP(伊豆海洋公園) -9m

図鑑を見ると緑色からこげ茶色までバリエーション豊富な種類のようですが、僕がIOPで出会うのは専ら茶色です。色も体型もゴクラクミドリガイの仲間の中では変りダネです。

(初めて出会ったときのコメントです)
「今週の〇〇~!! 第142回 イヤイヤ(2003-04-15)」より
アズキウミウシ コイツをバディが教えてくれたときは、「こんな真っ赤(肉眼では真っ赤に見えた)でにょろ長いミドリガイは図鑑でもネットでも見たことないぞ~!!」と大興奮でしたが、家に帰ってバディの撮った映像と図鑑を見比べたら一発だったんで、少々拍子抜けでした。
それにしてもコイツ、カメラを向けるとイヤイヤして顔をそむけようとするモンだから、僕もムキになって回り込んでカメラを向けてたら、しまいには1回転してトグロ状態になってしまいました。そんなに嫌がらなくても、、、つか、そのつぶらな瞳でこっちが見えてるのか~!?
(2003-04 IOP -15m)

緑のアズキウミウシナゼかIOPで出会うヤツは茶色いヤツばかりなのですが、大瀬崎には緑色のヤツがいました。食い物が違うのかも。
(2007-03 大瀬崎 -10m)

以前はアベミドリガイ(Elysia abei)として掲載してたのですが、本州のウミウシ(ラトルズ)に従ってアズキウミウシに変更します。

「今週の〇〇~!! 第341回 いずずき@ケラマ-5(2007-05-13)」より
アズキウミウシケラマで出会ったアズキウミウシは体つきもズンドコしてるし、伊豆で出会うアズキウミウシとはずいぶん印象が違います。でも、触覚の先が青いところとか、頭の上が白くなってるところとか、ちゃんとアズキウミウシの特徴があるんですよね~。
(2007-04 慶良間 -10m)

お勧め Watching Point

春に岩肌を這っていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク