海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ドーリスの仲間

Izuzuki Diver

ツヅレウミウシ

Discodoris lilacina

ツヅレウミウシ
2004年12月 IOP(伊豆海洋公園) -15m

まさにシミが付いてるような模様が特徴のウミウシです。浅場の方がデカい個体に出会う確立が高いように思うのは、僕だけでしょうか?

ツヅレウミウシチビッコのときは白くてキレイ。。。って、書こうと思ったけど、よく考えたらオトナの姿を知ってるからキレイと思えただけなのかも。。。
(2004-12 IOP -15m)

シミツキウミウシ茶色っぽいヤツを俯瞰でみたところです。どっちが頭かよくわかりませんね。(汗)
(2005-04 IOP -11m)

以前はシミツキウミウシ(Discodoris lilacina)とツヅレウミウシ(Discodoris concinna)を分けていましたが、本州のウミウシ(ラトルズ)によると両種は同じ種類ということなので、まとめました。こーゆーときは、先に付けられた和名と先に付けられた学名が使われるのが普通ですので、ツヅレウミウシ(Discodoris lilacina)となったようです。

ツヅレウミウシ昔シミツキウミウシと呼ばれてた背中のパターンと典型的なツヅレウミウシのパターンの中間的な模様になってるヤツを探しているのですが、なかなかいませんね。コイツはサイズ的にはもうオトナって感じですが、背中の模様は旧シミツキウミウシパターンですなぁ。
(2005-10 大瀬崎 -6m)

ツヅレウミウシジミなウミウシの代表のようなツヅレウミウシですが、チビのときは純白でキレイです。けがれを知らない感じ。
(2006-02 IOP -10m)

模様が無いツヅレウミウシコイツは模様が全然無いから悩んだのですが、とりあえずツヅレウミウシってことにしておきます。サイズ的には大物でした。
(2006-03 IOP -6m)
ケバケバした感じのツヅレウミウシ背中がケバケバした感じのヤツもいます。よく見ると毛ではなくて、細かい突起なのですが。。。
(2012-03 大瀬崎 -7m)

お勧め Watching Point

ジミだから目立たないけど、オトナはフツーに岩肌を歩いてました。シミツキウミウシパターンのヤツは石の下にくっついてることが多いです。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク