海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > ドーリスの仲間

Izuzuki Diver

ハラックサウミウシ

Hallaxa indecora

ハラックサウミウシのピンクバージョン
2006年7月 IOP(伊豆海洋公園) -16m

このウミウシを見つけたバディは不満みたいですが、ハラックサウミウシだと思います。ハラックサウミウシのピンクバージョンは相模湾産後鰓類図譜(岩波書店)に載っていますが、ネットで検索しても出てきません。なかなか貴重なヤツなんじゃないかと思うのですが、この写真は石灰藻の上で撮影したのが台無しですね。くどい色合いになってしまった。(^^;;

(初めて出会ったときのコメントです。)
茶色のハラックサウミウシよく一緒に遊んでくれるY夫妻が、お昼にボタモチを振る舞ってくれました。そして、その後のダイビングでこんなヤツに会ってしまったモンだから、もーボタモチにしか見えません。新称ボタモチウミウシを提唱したくなります。(笑)
出会いの場所は、ウネリ洗う2の根のトップで、フラフラしながら撮影してたら、一緒にいた友人が感心したように「よくあんな体勢であんな小さなもの(4mmぐらいかな)にピントが合わせられるねぇ」と感心したように言っていたけど、バシっとピントが合ってる写真は1枚もありませんでした。(^◇^;)
(2003-03 IOP -9m)

茶色の個体濃い茶色はハラックサウミウシの一番オーソドックスな色だと思います。この形とこの色が頭に焼き付いていたせいか、中層を泳ぎながら海底にいたコイツを見つけてしまいました。(^^
(2007-06 IOP -5m)

お勧め Watching Point

岩肌を這ってたりします。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク