海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のウミウシ > アメフラシの仲間

Izuzuki Diver

アメフラシ

Aplysia kurodai

アメフラシ
大瀬崎 -3m

春になるとデカい個体が一斉に現れて、交接しまくり、産卵しまくりで、生命の力強さを感じさせてくれる生き物です。でも、浅場で踏んでしまった時の感触は最悪です。(-o-;;

「今週の〇〇~!! 第556回 まだだ・・・まだその時じゃない(2016-03-12)」より
アメフラシ軍団伊豆の海は式の表情が豊かなので、前のダイビングから2週間も空いてしまうと、海の中が大きく様変わりしていることが多いです。この日はいきなり浅場にアメフラシが溢れていてビックリしました。でも、海ソーメンと呼ばれるアメフラシの卵はまだほとんどありません。ウミウシって、2匹が出会うと無条件に交接するイメージがありましたが、この日のアメフラシにとっては、まだその時ではないようです。一斉に現れるところと言い、かなり統制のとれたヤツラなんですね。
(2016-03 大瀬崎 -6m)

お勧め Watching Point

春になるとどこからともなく湧いてきます。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク