海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > ウニ・ナマコ・ヒトデの仲間

Izuzuki Diver

スカシカシパン

Astriclypeus manni

スカシカシパン
2009年8月 大瀬崎 -16m

スカシカシパンは大瀬崎の外海の砂地でたくさん見かけます。ある日、スカシカシパンがひっくり返っていたのですが、いる場所までの足跡が途切れてることから、ダイバーに悪戯されてひっくり返ってるのかな?と思って表面に返したのですが、しばらく泳ぐとまたスカシカシパンがひっくり返っていました。おかしいな?と思って回りを見回すと、周りにはひっくり返ったスカシカシパンがたくさん落ちていました。ぱっと見回しただけでも10個体以上はひっくり返っていたのですが、わざわざそんなことするダイバーがいるとも思えないし、少々流れがあったぐらいでひっくり返るとも思えないし、、、となると、わざわざ自分でひっくり返ったのでしょうか?何のために??

お勧め Watching Point

大瀬崎の外海の砂地で砂に浅く埋まっています。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク