海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > サンゴ・イソギンチャクの仲間

Izuzuki Diver

チビセンナリイソギンチャク

Parazoanthus aff. parasiticus

チビセンナリイソギンチャク
2004年7月 IOP(伊豆海洋公園) -5m

「今週の〇〇~!! 第203回 何かが産卵(2004-07-20)」より
茶色いカイメンみたいな付着生物に黄色い汚らしいレース状のものがくっ付いてました。この黄色いレース、よく見るとなんだかツブツブしています。さらに茶色いカイメンの表面を見ると珊瑚のポリプのようなものが顔を出しています。
「なんと、これはカイメンみたいな風貌して実はキクメイシの仲間か~!?ひょっとして珊瑚の産卵ってヤツか~!?IOPでぇ!?そー言えば大潮だなぁ今っ!!」
にわかに盛り上がりつつ、家で調べたらイソギンチャクの仲間のようでした。なんだ~。
まぁ、サンゴもイソギンチャクも生き物的には似たようなもんだと思うんだけど、サンゴの産卵って言うのとイソギンチャクの産卵って言うのじゃ、言葉の響きが違いすぎますよね。(笑)

お勧め Watching Point

浅場の岩にくっ付いてます。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク