海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > カイの仲間 >

Izuzuki Diver

コノハゾウクラゲ

Vitreolina akauni

解説

コノハゾウクラゲ
2018年2月 大瀬崎 -5m

大瀬崎に浮遊生物大当たり潮がやってきた2018年の冬に出会えました。コノハゾウクラゲという名前ですが、象でもクラゲでもなく、ましてや木の葉でもなく、カイの仲間なのです。
僕の持ってるカイのイメージを簡単に覆してくれる多様性に、清々しさを感じます。

横から見たコノハゾウクラゲ横から見ると平べったい体つき。背びれが生えてて、上手に泳ぎます。カイには見えませんね。(^^;;
(2018-02 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

クラゲの多い潮の中で漂っていました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!