海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のエビ・カニ・他 > カイの仲間

Izuzuki Diver

カミスジダカラ

Cypraea clandestina

カミスジダカラ
2003年11月 IOP(伊豆海洋公園) -9m

真っ黒な外套膜を見たときはチャイロキヌタかと思ったけど、ツンツンしてみたら美しい模様のは入った貝殻が出てきました。
「あっ、チャイロキヌタじゃない。外套膜引っ込めちゃったよ~!失敗した~!!」
でも、そんな後悔はコイツには必要ありませんでした。何故かやたらと活発なヤツで、すぐ外套膜を全開にして歩きだしてくれたのです。逆に、引っ込めてもすぐに出てきちゃうから、貝殻の裏側を撮影するのが大変でした。(笑)

カミスジダカラの貝殻あまり珍しいカイではないようですが、茶色のスジの入り方がかなりキレイでした。しかも、かなりツルツルだし。。。(-_-;;
(2003-11 IOP -9m)

カミスジダカラB面茶色のスジはB面まで回りこんでいます。
(2003-11 IOP -9m)

お勧め Watching Point

石の裏に張り付いてました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク