海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハタ・ハナダイの仲間

Izuzuki Diver

マハタ

Epinephelus septemfasciatus

マハタ
2006年10月 赤沢 -12m

マハタってフツー種ですよね。実際僕とこのサカナとの初対面もダイビングを始めてすぐだったのですが、カメラを持って潜るようになってからは、ナゼか撮影する機会に恵まれなかったのです。だからここ1~2年は、マハタを「海の生き物大図鑑(笑)」に掲載すべく、結構意識して探していたのです。だから目の前に撮影できそうなマハタがいた時は、かなりしつこくシャッターを切ってしまいましたが、多分マハタの方も一生分の写真を撮られたことでしょう。

「今週の〇〇~!! 第362回 今年は海が繋がってる(2007-10-02)」より
小さな個体今年はやたらとマハタのチビが目に付きます。大瀬崎だけじゃなく、マハタには滅多に会えないIOPでも何匹か見かけています。西伊豆で多いサカナが東伊豆でも多いってことは意外に少ないと思うのですが、今年はオジロスズメダイなんかも東西で多い傾向みたいなんで、今年は海って繋がってる実感があります。(^^
数が多いと、ついつい猫跨ぎになってしまいますが、性格の良い個体を選んでじっくり撮影するのも一興かと。。。
(2007-09 大瀬崎 -23m)

お勧め Watching Point

若干内湾っぽい砂地のオブジェに着いてるところを見かけます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク