海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ゴンベの仲間

Izuzuki Diver

クダゴンベ

Oxycirrhites typus

クダゴンベ
2004年9月 IOP(伊豆海洋公園) -26m

ゴンベの仲間は、地味ながらも表情に愛敬があって、意外とダイバーには人気のある魚ですが、この美しいチェック模様の入ったクダゴンベは、数が少ないことも手伝って、人気の点で別格です。伊豆でクダゴンベが見られるとなると、カメラを持ったダイバーがこぞって見に行くような魚なんです。
海ではこんなに大騒ぎされるクダゴンベですが、水族館や熱帯魚やさんでも結構見掛けます。静岡県の三保にある東海大学海洋博物館にいたクダゴンベは、巨大な上格子模様も黒ずんでて、全くかわいげというものがなかったです。光を当てすぎて焼けちゃったんでしょうか?とにかく、かわいくないクダゴンベというものを初めて見てしまった。

クダゴンベ(IOP)1999年はクダゴンベが出たという噂をよく聞きした。岬の先端@大瀬崎、サンカク@IOP、2の根@IOPと、立て続けに発見されました。この写真はIOP2の根で撮ったものなんですが、この写真を撮った次の日は、IOP中の人が2の根に行ったんじゃないかってくらい2の根に人が集まってたいました。
凄い人気デスね!!

「今週の〇〇~!! 第574回 フツーに越冬するの?(2017-03-03)」より
大瀬崎のクダゴンベ2017年の冬は割と水温高めで推移している大瀬崎です。
そのためか、2月になってもクダゴンベが元気にソフトコーラルの間をチョロチョロしていました。
クダゴンベって、僕は死滅回遊魚だと思ってるのですが、何となく低水温に強いイメージもあります。
あれ?フツーに越冬するのかな?
近年、死滅回遊魚だと思ってたサカナが、何年も越冬することがあったりするので、ちょっと注目しておきたいですね。
(2017-02 大瀬崎 -25m)

お勧め Watching Point

伊豆では時々見つかります。ちょっと深めのヤギなどに付いてます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク