海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ベラの仲間

Izuzuki Diver

シマキツネベラ

Bodianus masudai

シマキツネベラ
2014年7月 IOP(伊豆海洋公園) -44m

シマキツネベラを語るとき、ベラ好きの友人Pは避けては通れない。Pは常日頃から「マスダイが・・・マスダイが・・・」って言うから、ベラに疎い僕は、どんなタイ??と思って図鑑で調べたけど載ってなかった。。。聞いてみたら、どーも、シマキツネベラのことらしい。こいつの学名Bodianus masudaiを略してマスダイと教えてもらった。なんだぁ、そういうことか。。。
翌日ブリマチ@IOPに行ったら、いきなりペアでいたのでPに教えたら、ペアってゆーのがちょびっと珍しいらしく、興奮気味でビデオを回してた。よかった~、聞いておいて。。。そうでなかったら、海から上がった後で「ちょっと変わったタヌキベラがいたよ~。ペアだったよ~。」なんてボケたこと言って、「なんで教えないの!!(--#)」って怒られるところだった。。。(^^;;

「今週の○○~!! 第56回 八丈特集!!八丈のナイスな生き物たち5種(2001-08-07)」より
シマキツネベラyg産まれて初めてエントリーできたナズマド@八丈島の、産まれて初めて行ったアビスの入り口で迎えてくれたヤツです。
赤い大人はブリマチ@IOPでもときどき見かけるけど、考えてみれば今まで子供を見たことが無かった。今度探してみよう。

シマキツネベラyg少しだけオトナの赤みがさしてきた子供に会えました。岩陰から逃げないのをいいことに、何度もフラッシュの光を浴びせてしまいました。
きっとコイツはダイバーを嫌いになったろーなー。

「今週の〇〇~!! 第499回 格別なマスダイ(2013-08-24)」より
オトナになりかけのシマキツネベラ神奈川県立生命の星・地球博物館で、IOPダイビングセンターを立ち上げて日本のフィッシュウォッチングの礎を築いた故・益田一さんの特別展を見て、久しぶりにこのサカナに会いたくなってたところで、タイミング良く僕の目の前に現れてくれました。IOPで出会うマスダイは、なんとなく格別な気がします。太宰府天満宮のお守りが受験生にとって格別に感じるのと同じ??
(2013-08 IOP -44m)

お勧め Watching Point

ブリマチ@IOPの-40mより深いところでときどき見かけます。数は少ないようですが、あまり動かない&目立つから一度見つければ何度でも逢いに行けます。

ニックネーム

マスダイ(学名から)

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク