海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > アンコウの仲間

Izuzuki Diver

クマドリカエルアンコウ

Antennarius maculatus

クマドリカエルアンコウ
2003年2月 大瀬崎 -16m

伊豆の海では秋から冬にかけての限定魚だけど、いれば常に話題にのぼるほど、ダイバーに大人気の魚です。
ほぼ毎年現れて話題になる割には、今までなかなかキレイに撮れなかったけど、2002年の秋~2003年冬にかけてのシーズンには、大瀬崎のそこらじゅうにいたもんだから、いつまでも粘っていられました。でも、粘れれば良い写真が撮れるわけでもない。(^^;;

クマドリカエルアンコウ黒「どーしてこれがクマドリカエルアンコウなの?って思うけどコイツが成長するとクマドリカエルアンコウになるみたいだからしょうがない」なんて話をバディにしたら、「あっ、でも、ちゃんとキマクがあったヨ!!」なんて返事が返ってきた。オタクだ。。。(^^;;

クマドリカエルアンコウIOPでは大瀬崎よりも貴重です。コイツはうっかりIOPに着底しちゃったせいか、どことなくヘタってるような。。。(笑)

お勧め Watching Point

伊豆では秋から冬にかけて岩場をチェック!!
でも、情報を捕まえてガイドさんに見せてもらうのが楽かな?

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク